マンション経営をするための借入金

マンション経営の目的は、節税対策、生命保険効果、年金対策の為にサラリーマンや、医師など給与所得者が所有します。

マンション経営をするための借入金

マンション経営について

マンション経営は、現在支払っている所得税や住民税などの税金が高く税金を軽減する為に取り組まれる方がいます。実際には節税といっても、所得税や住民税が全て、還付金として戻る訳ではありません。新築のワンルームマンションを購入し投資用として長期ローンを組み、そこに入居者を募集して、家賃で、ローン返済するやり方ですと、支払っている税金の所得税や住民税は約1割程度軽減出来ると考えます。マンション購入初年度の所得税や住民税は、何割か多めに税金還付されますが、2年目以降は殆ど還付金は見込めません。しかし、少しでも数年間でも所得税の税金が還付され住民税も減税されるのが魅力的なら良い方法の一つになるかもしれません。

マンション購入して投資用の長期ローンを組みますが、ローンには、団体信用生命保険がセットになっており、保険効果も得られるので、現在の生命保険と比較して支払額の負担が軽減される方にはメリットがあるかもしれません。ただし長期ローン返済をしていることは、しっかり理解しなければなりません。最後に、長期ローンを返済終了すれば、入居者の家賃が収入になりますので役に立ちます。労働には、年齢も含め体力の限界があります。そこで、家賃収入は働かなくても収入を得ることが出来る為、魅力的な一つだと考えます。