マンション経営をするための借入金

安定収入を確保する手段として魅力的なマンション経営の利点と物件選びの方法について解説しています。

マンション経営をするための借入金

マンション経営の利点と物件の選び方

物件選びさえしっかり行えば、マンション経営はすばらしい投資対象として多くの利点があります。いざ処分したいと思っても、預金や株式、投資信託のようなすぐに資金化できる流動性はありませんが、その反面、預金よりも高い収益性と株など金融市場の影響を受けるような商品とは異なる安定感があります。また、相続対策としてそれら金融商品が時価評価されるのに対し、不動産の場合は税法上の評価額による算定方式が用いられるので、実際の購入価格よりはるかに低い課税評価額をもとに課税されます。ですから、このような不労所得を得ることは現役時代だけでなく、老後の生活資金を確保する手段としてもとても有効です。

このような安定収入を確保できるマンション経営にとって何より重要なのがその物件選びとなります。ポイントとしてはまず、通勤や通学に便利な最寄り駅より徒歩10分以内のマンションを確保することです。特に人気の駅周辺のマンションは古くなっても、立地面から常に人気で家賃の低下を避けることができます。また建物の内装はリフォームでいくらでも良くすることができますが、躯体や共有部分などはどうにもなりません。よって管理がしっかりしていて、計画的に修繕されてきたマンションを選ぶことが重要です。広さについてはリフォームにかかる費用を抑えることができると同時に、賃借人が早く決まりやすいなどのメリットを考えると、ファミリータイプよりはワンルームなどのほうが魅力があります。

SiteRecommend