マンション経営をするための借入金

マンション経営にとって重要なことは空室をなくすことであり、空室対策について説明いたします。

マンション経営をするための借入金

空室をなくすマンション経営について

マンション経営において空室をなくす最適な方法は当然ながら空室を作らないことになります。入居者にずっと住んでいてもらえれば、当然空室になることもありませんし、定期的な家賃収入が得られ、空室対策のための一番の方法は入居者に退去されないことになり、空室を作らないことなのです。入居者に長く住んでいただくために必要な事項を説明いたします。ひとつは感謝の気持ちをサービスを兼ねて伝えることです。室内で給湯器などの住宅設備に故障があり、少しの期間でも入居者に迷惑をかけてしまった場合に、謝罪の気持ちを込めて連絡をするだけでも親切心が伝わります。また、契約を更新してくれたときには更新してくれた感謝の気持ちを手紙や贈り物などで表現することは意外にも効果的です。

一般的に賃貸住宅を借りた際は、直接大家さんとやりとりすることは少なく、ほとんどの場合管理を委託されている不動産会社の担当者と連絡を取るだけですので、大家さんお顔をしらない入居者ばかりです。何かトラブルがあった時に物件の所有者でもない管理会社の対応よりも、大家さんが少し気に掛けるだけて、その人柄に触れることができるので、それだけ入居者の安心感が得られやすく、物件への愛着も湧くというものです。このように特に費用をかけるわけでもなく、入居者に長期間住んでもらう方法としては人間関係の構築が最も重要となります。