マンション経営をするための借入金

マンション経営と言うものは、様々なメリットがありますから、しっかりと覚えておいて、実行することです。

マンション経営をするための借入金

マンション経営というものは様々な

マンション経営、というものは、要するにマンションを購入、建てて、それを運用する、ということです。これには色々とメリットがあります。例えば、年金の一種として期待することができます。要するに家賃収入があるわけですから、それは経費を引いたものはすべて利益、ということになります。もちろん、最初に使ったお金は回収する必要があります。これを損益分岐点と言うのですが、それを超えることがまずは必要なことであるといえます。そして、それを超えてしまったら、後はそのまま利益になる、それこそ、私的年金として使うことができる、ということになります。だからこそ、お勧めできるのです。これがお勧めできる一つの理由になります。もう一つは税金対策です。財産を受け継ぐときには、相続税と言うものを支払うことになります。これが現金の場合はそのまま現金としての価値になりますが、賃貸を目的として作られた不動産物件の場合は、評価額、というものがあるのです。

これが大体、購入価格の四割から六割程度になります。つまりは、一億円の現金の場合はそのまま一億円に課税されるのですが、賃貸物件の場合は四割から六割、つまりは四千万円から六千万円くらいの評価になる、ということです。節税できるわけです。