マンション経営をするための借入金

マンション経営のメリットの一つに、相続税の対策というものがあります。評価が現金のようにそのままではないのです。

マンション経営をするための借入金

マンション経営のメリットについて

あくまで副次的な狙いではあるのですがマンション経営と言うものは、財産の継承という点で非常に優れています。それなりの金銭を持っている人は相続税に関することを考えないといけなくなります。一代で成り上がった人も代々続いている人もせっかくの財産を相続税で持っていかれる、というのはかなり嫌なことになります。もちろん、法律は守るべきですが、合法的に節約することもできます。それがマンション経営なのです。賃貸マンションの相続の場合、現金などをそのまま相続するのと違って、購入金額の半分くらいで評価されるというメリットがあります。土地は公示地価の八割程度で評価さるのです。つまりは、現金で相続するよりも遥かに安い相続税になる、ということです。マンション経営をする目的はもちろん、そこからの家賃収入なのですが、こうしたメリットがあることもしっかりと頭に入れておくことです。

それなりの財産がある人にはかなりお勧めできます。但し、現金の場合は丸まるの評価額でもその現金から税金を支払うことができるのですが、マンションの場合は別途、現金を用意することになります。そのあたりはやや厳しいのですが、それでも総額ではかなり抑えることができます。