マンション経営をするための借入金

マンション経営には、用途地域や建築基準法のほか注意しないといけないのが、字自体条例になります。

マンション経営をするための借入金

マンション経営の時に、気をつけないといけない条例がある。

マンション経営を行う前に、建て物を建てることになりますが、それについて、国や地方自治体が定めている法律というのがあります。それに基づいて、建物を建てる事になりますが、そこには、用途地域や建築基準法という壁が、初めにその部分で立ち塞がる事になります。これは、都市計画に基づいて、よりよい街を作ることが基本にあり、行政の行うライフラインの整備などと関係があったりします。でも、ここまでの法律までで、建物が建つのかというと、そうでもなく、それには、その地域の自治体が定めている条例があったりします。その条例を無視することはできず、条例違反の場合には、罰金などの刑もあったりすることから注意が必要になります。

そのために、事前に建築を行う設計会社でも確認をしてくれますが、オーナー自らも、一度自分で確認する必要があります。この自治体条例というのは、時として難敵になる場合もあって、ある一定以上のマンションを建てた時に、税金を余分に支払うといったような条例などが、都市部にはあったりするので、そのような条例があったり、耐震や防火関係について厳しく定めた地域もあったりします。また、その逆の古いマンションや、アパートのように、耐震性や防火性の低い建物を壊して、新しく建てる人には、助成金が付いたりするところもあります。

SiteRecommend