マンション経営をするための借入金

マンション経営で入居者が契約違反を犯した場合、ペナルティーを課すようにすることができます。

マンション経営をするための借入金

マンション経営で契約違反を犯した場合は?

マンション経営で一番困るのが、入居者による契約違反になります。特に、今のペットブームもあって、賃貸借契約書にも書かれいるにも関わらず、犬などのペットを飼いだしたいする人がいたりしていますが、これは明らかに、契約違反になります。これは、ただ、即退去命令というのを、だすことは不可能で、過去の判例から考えると、契約書に書かれているペット飼育禁止条項に違反することから、これのみでも退去命令というのは、出せないことになっています。さらに、そのペットを飼う事で、周りの入居者か吠える声がうるさいとか、ニオイが臭いとかの訴えが無い場合は、退去ということにはまずなりません。

この場合の対処というのは、ルール上の違反でもあり、ペナルティーを課す事でその場の線引きをして、終わりにすることができます。例えば、従来の契約書を破棄してペットは1匹までとし、家賃などを上げることにする事で対応ができます。ただし、この時の家賃の上昇というのは、常識的な金額でないと、逆に訴えられる事になりますので、その点を注意しながら、常識的な範囲の金額で、対処を行うことがベストになります。このように、ルール違反という時には、常識的な家賃の追加などで、ペナルティーを科すことで、その場を収拾することになるのが、ベストの選択となります。

SiteRecommend