マンション経営をするための借入金

マンション経営で必要な経費というのは大きく分けて9個ほどに分けることができ、把握をする必要があります。

マンション経営をするための借入金

マンション経営を知る上で、必要経費の把握は必要です。

マンション経営で、必要経費を把握することは、経営において初歩の初歩になります。この経費を把握することで、今後必要になる経費の支出を予想したり、長期に亘る経営において、必要な時期のお金の把握をする事が必要になってきたりします。そのような意味で、どのような種類のものがあり、それがどのようなところで使用されているものか、ということを最低限把握しておくことが必要になります。

さて、その内容ですが、初めに、租税公課と呼ばれるものがあって、これは、固定資産税、不動産取得税、登録免許税、印紙税、事業税にあたるものです。さらに、損害保険料があって、メンテナンスのための修繕費があります。そして、減価償却費として、建物や設備等において、その年の減価償却分があったりします。さらに、借入金利子が存在しており、手数料などの宅建建物取引業者に対する仲介手数料というのがあり、委託管理費と呼ばれる、専門業者の委託管理料といったものが存在しています。最後になりますが、その他として、高熱水道費や通信費、消耗品などがあったり、立ち退き料などが、このその他の項目に入る事になります。このように、9個にわたる必要経費の費用項目というのがあって、経営者はこれらを最低把握しないと経営に支障をきたすことになります。