マンション経営をするための借入金

マンション経営で、一部借り上げとか一括借り上げ、管理委託とかという形態があり、それには違いがあります。

マンション経営をするための借入金

マンション経営で借り上げという形態の経営とは?

この頃、マンション経営の形として一部借り上げとか一括借り上げなどが目立つようになってきました。この言葉と従来からある、管理委託という言葉には、どのような違いがあるのかというと、従来からの管理委託というのは、リスクが必ずあります。そのリスクと呼ばれるのもには、空室のリスク、家賃滞納のリスク、家賃下落のリスクといったものが存在し、このようなコントロールをオーナー自ら行う必要があったりします。そのため、賃貸物件である建物の近くに、自宅が存在してないと、なかなか、そのような対応ができないということになったりします。さらに、管理委託の場合、管理料として、3%から5%ほどの管理費を取られることになります。

では、一括借上げとか一部借上げと呼ばれる形態というのは、どのようになっているのかというと、家賃下落のリスはありますが、空室や家賃滞納のリスクについてはなく、これは管理会社の方で、面倒を全面的に見てくれることになります。そのため、管理料として、管理委託よりはるかに高い金額の請求をされることになり、家賃の10%から15%ほどの管理料を取られることになります。さらに、部分借上げや一括借上げの場合、手元に一定額の家賃保証がされますが、20年から30年に及ぶことから、その間について、建物のメンテナンスも含めて行われる会社もあり、全体としての判断というのは、オーナーの手元にくる金額次第というとになります。

SiteRecommend