マンション経営をするための借入金

マンション経営で売却など考える必要性がないと思いがちですが、場合によっては売却した方が良い場合もあります

マンション経営をするための借入金

マンション経営で売却することはできます

マンション経営をされていたマンションオーナーのお子様が、相続でマンションを所有するケースは、少なからず存在すると考えます。例えば、コンパクトマンションを2部屋所有されていて、お子様が相続で所有者になる場合、2部屋の家賃収入が相続したお子様の口座へ入金されます。当然、マンションには団体信用生命保険で所有権移転する前には抵当権はございませんので借入は存在しないと考えます。とゆうことは、お子様の現在の給与所得と家賃収入が収入として考えられますので、複数の収入が存在するとして、毎年確定申告をして、納税をしていかなければならなくなります。空室でもない限り納税義務が発生しますので、少し面倒だと考える方も少なからずいらっしゃると考えます。

マンション経営をされている方には、売却することなど考えてない方もいらっしゃいますが、先程の場合の、相続した2部屋のコンパクトマンションを所有した為、現在の給与所得と家賃収入を合算した確定申告を毎年することが面倒で売却を考える方も少なからずいらっしゃるので、その場合は売却することでメリットがあることも考えられます。資産価値がかなり高いエリアで駅近くのマンションの場合、購入価格とそれ程変わらない場合もあり、買主が見つかり即売却すれば、かなりのメリットが存在すると考えます。運良く、当時の購入価格の2部屋のマンションが現金化されますと、経験したことの無い確定申告の煩わしい行為より売却を選択される方も少なからずいらっしゃると考えます。