マンション経営をするための借入金

賃貸マンション経営をする場合には、資金効率を高めるレベレッジ効果を活用することが常道です。

マンション経営をするための借入金

マンション経営とレバレッジ効果

マンション経営は、ようするにマンションを建てて賃貸にまわし家賃をもらうという事業です。そして、もっと言ってしまえば、土地の有効活用の一環として賃貸マンション経営をするというのが本音でしょう。ですから、良質の賃貸マンションを世の中に提供して、借りる人の役に立つという理念はあったとしても自分の不動産投資の一環であるという軸は失ってはいけません。

なった場合に、できる限り高率のいい経営を考えなければいけません。もちろん、いい部屋を供給するという商品を磨くというポイントはありますが、事業経営という観点でいえば、土地の容積率を最大限に活かして貸出し床面積を最大化するという点と、資金の効率を上げるという点が大事になります。

この時に、借入金を起こすことによって、その支払金利よりも、それによって増加する床面積が稼ぐ家賃の方が大きければ借入金を起こす方が資金効率の面からいえば有利です。この効果をレバレッジをかけるといいます。不動産投資においては常道です。今のような低金利の時代は、このレバレッジが非常にかけやすい状況になっていますので、賃貸マンション経営をする場合には、外せない考え方であることを覚えておきましょう。

SiteRecommend