マンション経営をするための借入金

マンション経営というのは、自分が所有する土地等にマンションを建てて人募集して家賃等を得ることとされています。

マンション経営をするための借入金

マンション経営は高リスクだけど、やりがいあります。

マンション経営というのは、自分が所有する土地にマンションを建ててそのマンションを賃貸もしくは販売用として家賃収入や販売代金で収益を得ていくことをいいます。マンションを更地に建設する場合は費用が著しく高いのは言うまでもありませんし、固定資産税は免税されることはありません。自分の土地であれば経営は楽になるかもしれません。また、他人の土地を永久的に借りる場合は地代を収めることになります。マンション経営ですが、自分が所有する邸宅等をリフォームして賃貸マンションとして経営していくことも良いですし、更地に建物を建てると高負担になるのは言うまでもなく、賢明な方法としては、既存の自己所有の建物をリフォームしてマンション経営をした方が無難なようです。

マンション経営は基本的に不動産所得となります。不動産所得というのは、月極め駐車場の管理および運営、船舶や飛行機等の貸付や地上権、賃借権等の貸付で得る利益等をいいます。マンション経営の場合、建物が五棟以下で一つの建物が十室以下であれば不動産所得となります。この基準を超えた場合は事業扱いとなります。不動産活用して収入を得ている場合に事業所得扱いとなる場合は、コインパーキング、食事付の下宿の運営が在ります。こういう場合、事業的性格が色濃いので、また、コインパーキングは一日に不特定多数人が利用することとなるので、月極めよりは事業的性格が強いです。

マンション経営で、投資用マンションを使ったタイプが在ります。投資用マンションというのは、運営会社からマンション等を購入して利益を得ていくタイプです。投資用マンションの販売ですが、これは熾烈となっています。運営会社は営業の仕方が強引とされており、契約が取れる確率は低くなっています。また、投資用マンションに興味がある人は少ないとされており、不動産に関する知識ゼロの人が参戦した場合は高負債を負うことになってしまいます。賢明な方法としては、自己が所有する既存の建物を賃貸経営用にリフォームして人を募集することとなります。また、自己の土地を月極め用駐車場にして経営していくことは、投資用マンションよりも安全な手段となります。

SiteRecommend