マンション経営をするための借入金

マンション経営は家賃収入が得られる不労所得です。始めるには、あるていどの初期投資費用が必要になります。

マンション経営をするための借入金

マンション経営をはじめるための必要な初期投資費用

マンション経営は家賃収入が得られる不労所得として知られています。不労所得ですので、日中は別のお仕事をすることも可能です。マンション経営は安易に考えられがちですが、始めるにはある程度の初期投資費用が必要となります。必要となる資金は、どのようなマンションを経営するかによって費用が異なってきます。ワンルームマンションなのか、ファミリータイプのマンションなのかによっても資金は異なってきます。マンション経営を始めるには、マンションが必要です。そのマンションを購入するための資金が必要となります。

ワンルームマンションであれば、必要資金を抑えてマンション経営を始めることが出来ます。なかには、200万円程度で購入ができる物件もあります。ワンルームマンションの経営は、マンション経営の初級者向けとも言えます。少ない資金で始められますし、マンション経営がどのような事なのかを知ることが出来ます。200万円のワンルームマンションでマンション経営を始めた場合には、マンション購入費用意外に修繕積立費、管理費などが毎月の支払いとして必要となります。200万円のマンションであったとしても、年間で必要となる経費は約40万円程度であると言われています。固定資産税も必要となってきます。200万円のワンルームマンションでマンション経営を始めるときには、100万円程度の余剰資金があると良いです。それは、リフォームをしたり室内の修繕のために使用する費用です。誰かが入居して、退去をすれば部分的にリフォームをする必要性がありますので、そのための資金です。

マンション経営は、軌道に乗るまでは出費が重なることが多いですが、長く住んでくれる入居者に巡り合えれば、確実に収益につながるビジネスです。